ブライダルシェービングは主にどの部位をしてもらうもの?

ブライダルシェービングが花嫁姿になるにあたって必須と聞いて、やっぱりねと思った方もどうして?と思った方もいるでしょう。

 

多くの場合、ブライダルシェービングというと、背中の大きく開いたドレスを着こなすために行うバック部分のシェービングのことだと思われているようです。

 

やっぱりね、と思った方は、バックが大胆にデザインされたウェディングドレスを着る予定があるのかもしれませんね。

 

逆に、どうして?と思った方は、和装での挙式や背中部分の素肌は見せないウェディングドレスを選んでいるのかもしれません。

 

でも、いずれにしてもブライダルシェービングが必須といわれているのは、どの部位をケアするかに関係しているのです。

 

顔から指先、背中まで

 

ブライダルエステによっても扱う部位が異なるものですが、一般にブライダルシェービングというと対象になるのは、顔から二の腕、デコルテ、襟足、指先、背中までです。

 

それらの部位をトータルにシェービングしてくれるブライダルエステもあれば、オプションとして部位別に選べるようになっているエステもあります。

 

中にはムダ毛がまったく目立たない人もいるでしょうから、部位ごとにシェービングメニューを選べるのは便利ですね。

 

また、トータルでシェービングすることで格安になるプランを提供しているエステもありますから、それぞれ自分に合ったエステを選ぶことが大切です。

 

顔と襟足は重要

 

背中が開いたウェディングドレスを着る方は背中も必須ですが、どんな花嫁さんでも顔と襟足のシェービングは重要です。

 

まずメイクのりが違ってくるのと、襟足は以外とムダ毛が目立ってしまうためです。強い照明などの光にあたったときに、産毛がキラキラしている花嫁さんの姿が初々しいと思われることはあまりありません。

 

嫁ぐ準備として手入れが行き届いているきちんとした花嫁ぶりを示すためにも、顔と襟足部分の注目されやすい部位は最低限シェービングしておくようにしましょう。